iPhoneを修理してみました。

fix

経緯

最近、なんだか個人で使っているiPhone7の調子がすごく悪い。
具体的にどこが悪いかというと

充電口!!!!!

部品的にはlightningドックコネクタとか言うみたいですけど。
初めはケーブルが悪いのかと思ったんですが、残念なことにiPhone側の差し口でした。

ケーブル交換とはワケが違うんで、
充電口下部にテープ貼ったりして無理矢理端子に圧がかかるようにしたりで騙し騙し使ってたんですが

具合は悪化する一方で、ついでに言うとバッテリーの持ちも最高に悪かった。

 

こんなの修理したらいくらかかるのかと、調べて見ると

34,800…..おそらく新品交換になるとはいえ
今頃iPhone7に35,000円近く払うのはもったいない。

そしたら非正規のiPhone修理店とかどんなもんだろうと調べた所

富山県内の店では大体
バッテリ 7千円 ドックコネクタ約1万円

と言うような感じ。

そんなんならiPhone売って新しいの買った方が良い気もする。

iPhoneって壊れている状態でも結構良い値段付くんですよね。

junkrate
これはヤフオクの直近落札相場です。
壊れてても13,000円前後で売れるようです。

 

悩んだ末

 

自分で修理してみることにしました。
何となく一度修理してみたかったのはある。
壊してしまったらそのときは買い換えようと言うようなそんな感じでした。

という訳なので、必要な物をAmazonで買いそろえた。

もちろん純正パーツでは無いけれど、バッテリーは怪しいの使うと火を噴いたり爆発したりしそうで恐ろしいので
日本の会社が販売している物があったのでそれにしました。(分解に必要な工具もすべてセットになっていた)

バッテリー交換は需要があるし交換難度も比較的易しめなので沢山の業者が販売していました。
ほとんどが中国っぽい怪しいメーカーだったので サクラチェッカー できちんとチェックを行った。

コネクタ基板はあまり売ってる所が無かったので、やむなく訳のわからんとこのを購入。
その他、iPhoneをばらすと防水シールを一度除去する事になるので。新しい防水シールを購入。

バッテリ交換キット 2,680円
ライトニングドックコネクタ基板 1,080円
防水LCD粘着テープ 799円
部品代 合計 4,326円

うーん安い!

いざ修理へ

神サイトiFix it を読みながらiPhoneの分解作業を始めた。

それでいきなり躓く。
iPhoneを開けることが出来ない・・・
恐ろしく強力に粘着されている。

ピックを差し込む隙間を作るだけで30分はかかってしまった。

隙間ができてしまえばはやいもので、みるみる分解作業が進む。

iPhoneのボタンタッチ時の妙なクリック感を作っている
タプティックエンジンです。これも外します。

これがiPhone7のロジックボードです。
こんな小さい基板に128GBのメモリと、CPUとかすべてが詰まってるんだから凄いですよね。

そんな感じで後は大体順調に作業が進んで、
交換出来ました。

バッテリーの状態も 100%になったし、充電はすんなり出来るし。
もっと早くに挑戦してれば良かった。

っていっても4時間ちょい修理してたから大変でした。

作業の風景を動画にしたので興味のある方はどうぞ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください