TL-SG105E でタグVLANを作る

先日、仕事でネットワークを分ける作業があった。

会計用PC、銀行用PC、NAS、とレーザープリンタがある環境だった。

環境

話によると会計PCはインターネットに繋がないがレーザープリンタは使用したいそう。
銀行用PCは、インターネットとレーザープリンタを使用したい。
NASはインターネットに繋がるが、会計PCのバックアップ用として使用するので会計PCとも繋がる必要がある。

802.1Q VLAN (タグvlan)の設定で
vlan1(レーザープリンタ) は 1-4ポートをグループ(通信出来る)にした。
vlan2 (銀行PC) 1-2,4-5ポートをグループに。
vlan3(会計PC)は1,3-4 ポートをグループに
vlan4 (NAS) 1-4 ポートをグループに
vlan5(インターネット) 2,5 ポートをグループに。

VLAN メンバーポートの設定
ハブのどのポートに対してどのvlan ID(ルール)を割り当てるか
わかりやすいように、ポート番号と同じvlanIDを割り当てた。
上記設定だと port 4のPVIDは 1 にしても同じ事になりますね。


上記設定で、要求された動作をするようになりました。
別ネットワークが混在する場合はPC側で通信出来るようにサブIPを設定しておく必要があります。

いや~3000円ぐらいのハブである程度のネットワーク制御出来るのは便利だね。
こういう環境作るのにすごい高いハブ必要なんだと思ってたけど、こんなリーズナブルに実現出来るんだから便利になりましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください