散々な1日だった

初めて会った人がいたので、はじめまして~と言うような挨拶を交わした。
どうも日本人じゃないようだ。

しかし、英語の発音だけは良かった
「オダー…ハァイリマァス、ヤァ…サイカレ トゥゥウ!」
ちょっと面白かった。

忙しさのピークを過ぎた辺りで、皿とか拭いてたところ。ヌッと客が出てきたのです。
「おい、さっきから呼んでるんだけど?」

「すす…すいません」と言いながらオーダーとろうとしたら。
客がすっくと立ち上がり
「もういい!」
何も言わずに店を後にする うざ客。

あほかコイツは、ボタンあんだからボタン押して注文しろよ。
カウンターならまだしも、テーブル席から呼んでも聞こえねぇよ。

何故か店長は怒ってるしさ、もとはと言えば外国人の朴(偽名)だよ!

水提供するときにボタンの説明しろよ…

「ピンポーン」
ベルがなった、注文を取りに行かなければ。
学生さん2だった
「いらっしゃいま…バルサミコーやっぱいらへんでー」

な…?なぜキャラメルダンセンが
客の携帯だった。

ただでさえ動揺していたと言うのに、動揺はMaxになって声が震えてしまった。
そして暫くは、手の震えがとまらなかった。

散々な1日だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください