味覚の魔力

僕は、ある友達の家へ行く際、コンビニに立ち寄った。

そこで、何気なく手に取ったのはベビースターラーメンである。

買ったときは、何も思わなかったが、家へ帰って、それを口にしたとき僕は凄い…とおもった。

凄いの何のって、結構どうでもいいんだけどさ…
よくもまぁ、こんなスナック菓子で「焼き鳥」を表現できますね…と、食べるとちゃんと焼き鳥食べてる見たいな感覚に襲われる。

同時に、焼き鳥の映像を脳内に上映させる、味で映像が想像できるなら、味で映画作れるんじゃないかな。

何言ってんだろう、意味わかんないわ。

味覚の魔力」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    なんてあるんですね?
    ベビースターなんてもう何年も食べてないからちょっと懐かしい。
    久しぶりに買ってみようかな。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください