騒音おばさんの真実

奈良の「騒音おばさん」をご存知だろうか?
少し前にニュースやワイドショーで何度も報道されていたから、ご存知の方が多いであろう。

報道の内容は主に以下のようなものであった。

・布団を早朝から出し、大声で「引っ越し! 引っ越し! さっさと引っ越し! しばくぞ!」等の怒号を上げた
・朝から晩まで嫌がらせを目的とし、音楽を流し続けた
・これまでに類を見ない事件であった
・音楽を大音量で流したり、怒鳴ったりする姿から騒音おばさんと呼ばれた

多くの視聴者は「なんてひどいおばさんだ。」「狂っている」という感想を持ったのではないだろうか。怒鳴るおばさんの様子はどこか異様な迫力で、まともな精神状態ではなかったのではないかと推測されるほどだ。

被害者夫婦への傷害罪が適用され、裁判が行われているが、この裁判の過程で以外な事実が浮かび上がってきているのだ。

当初、一方的に騒音おばさんが悪者として、被害者夫婦がただの被害者として報道されていたが、必ずしもそうではないという事実が明らかになってきている。

まとめサイト―奈良騒音事件。Miyoco被告が真犯人と思えば大間違い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください