任天堂リコール多発

Wiiリモコンのストラップ、無償交換 「切れる」と報告受け

任天堂は、「Wii」用リモコンのストラップの一部を無償交換する。ユーザーから「ストラップのひもが切れる」などと報告を受けたため。

 任天堂は12月15日、新型ゲーム機「Wii」用リモコンのストラップの一部を、無償交換すると発表した。ユーザーから「ストラップのひもが切れる」などと報告を受けたため、「安心してご利用いただくために」(同社)交換を決めた。

wi

 ストラップは、ひもが0.6ミリ径のものと1ミリ径のものがあり、交換対象は0.6ミリ径のタイプ。本体に同梱されているリモコンなら、本体の製造番号が「LJH100419980」以前と「LJF103032000」以前が対象となっている。

(※)初出時、製造番号が『LJH100419980』以後と『LJF103032000』以後が対象としておりましたが、同番号以前が対象、の間違いでした。お詫びして訂正いたします。

wi2

 単体販売のリモコンや、ゲームソフト「はじめてのWii」に同梱されていたリモコンで、0.6ミリ径か1ミリ径か分からない場合は、コールセンターで問い合わせに応じる。

 交換申し込みはWebサイト またはコールセンター0120-345-164から。コールセンターの受け付け時間は、月~金曜日が午前9時から午後9時、土日祝日が午前9時~午後5時。

 同社は「Wiiリモコン利用時は必ずストラップをつけ、しっかりと握って手を離さないよう、ゲーム画面などで注意してきた」と強調。「想定を超えた動作をされたことで、ごく一部のユーザーから0.6ミリのひもが切れると報告を受けた」とし、「リモコンを強く振らなくてもゲームプレイに支障はないため、しっかりと握って楽しんでいただきたい」とコメントしている。

「DS」「DS Lite」のACアダプター、20万台をリコール

任天堂は、「ニンテンドーDS」「ニンテンドーDS Lite」専用ACアダプターのうち20万台で故障や発煙の可能性があるとして、無償交換すると発表した。

 任天堂は12月15日、携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」「ニンテンドーDS Lite」専用ACアダプターのうち20万台で故障や発煙の可能性があるとして、無償交換すると発表した。

 長野日本無線が製造したACアダプターが対象で、DSは今年1月~6月の出荷分(約8万台)、DS Liteは今年7月~10月の出荷分(約12万台)。対象製品は裏面に「JRC」のロゴがある。

ds

 生産工程に一部不具合があり、故障する可能性があるという。故障した状態で通電すると、まれに過熱して外部樹脂が損傷し、発煙ややけどの原因になる危険性があるという。外部樹脂は難燃性素材を使用しているため、発火の可能性は極めて低いとしている。

 交換申し込みは0120-210-557から。受け付け時間は、月~金曜日が午前9時から午後9時、土日祝日が午前9時~午後5時。申し込みから1週間程度で交換品を届け、対象品を引き取る。

 DSとDS Liteはこれまで、世界で合計1300万台出荷している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください