単3乾電池で空を飛んだ 世界初、160本で59秒

 埼玉県川島町の桶川飛行場で16日、市販の単3乾電池160本を動力にしたプロペラ機が有人飛行に成功した。乾電池だけを動力にした世界初の試みで、飛行時間は59秒。公認記録として申請するという。
 飛行機は松下電器産業が東京工業大、同大の学生サークルと協力して開発し、実験。幅31メートル、重さ54キロの機体が、学生1人を乗せ、ふわりと浮き上がった。飛行距離は391メートル、最大高度は5・2メートルだった。
 テスト飛行を繰り返し、15日に挑んだが、機体に不具合が見つかり中止。2日目の挑戦で成功した。

dennti

有人飛行に成功した、乾電池だけを

動力にしたプロペラ機=16日、埼玉県

川島町の桶川飛行場

すごいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください