TP-LINK製無線ルーター ブリッジモード(AP)使用で時刻をインターネットから取得する

TP Linkの無線ルーターを数日使ってわかったこと。

基本的にブリッジモード、APモードという物が用意されていない為
ルーターモード等にしないと無線ルーター自体にDNSやゲートウェイを設定出来ないみたいなので・・
当然インターネットからの時刻取得がうまくいかない。

解決法

設定したいNTPサーバーを手動で設定した上、静的経路を設定する。
例として、NICTの公開NTPサービスを使用してみる。
ntp.nict.jp アドレスはこれなのですが、ルーターで名前解決が出来ない為IPアドレスに変えて入力する必要があります。

コマンドプロンプト等で nslookup ntp.nict.jp と入力しましょう

133.243.238.244
133.243.238.164
133.243.238.163
133.243.238.243

上記IPアドレスが出てきますので
それをルーター管理画面->詳細設定->時刻設定
にある NTPサーバⅠ,NTPサーバーⅡへ入力しましょう。
私は上の二つのIPアドレスを設定しました。

その後、ルーター管理画面->詳細設定->ネットワーク->詳細経路設定->静的経路指定
から
ネットワーク宛先に先ほど設定したIPアドレスを入力
サブネットマスクは 255.255.255.255 を設定
デフォルトゲートウェイは 自分の環境に合わせて入力します。

設定した2つ分の静的経路を追加すれば終わりです。

試しにインターネットから時刻取得してみて下さい。

おそらくファームウェアもこの方法で自動取得出来るんじゃないかなと思います。

エアコン壊れた

お盆になり、休みの間は部屋にこもりっぱなしなんですが。

夜中に突然、ポツポツポツポツと音が響くので

なんだなんだ!?

と音の原因を探ると・・・

こんな状況でした

エアコン壊れた・・・・・・
エアコンから水が落ちてくる・・・

壊れたっていっても、動作はしてるし実害といえば下が濡れる事ぐらい
という事もあって、2日ぐらい下にゴミ箱置いて適当対処してたんですが。

やっぱ音が気になるので調べて見ると・・

ドレン(排水)ホースが詰まってるとか、水の受け皿?からドレンホースまでの経路に何かゴミとかほこりとかで排水出来ない事とか有るそうな。

物は試しで、とりあえず前カバー開けて水の受け皿みたいな物見えないかな?と
開けてみることにしました。

ここまではすごく簡単。
ねじ二本外すだけっぽい。

脚立を用意して上から見てみたところ・・

吐き気がするぐらい汚いですが、 中央部分に穴のような物がありますね。
それでいて、なぜか水がたまっている。

これですね。

で、どうやって直したかって言うと・・

この穴に配管とかに配線通す時の ワイヤーみたいなもの突っ込んで
ぐいぐいゴミを外まで追いやる作戦を決行しました。

結果、突っ込んだ瞬間排水が始まり、無事水漏れは無くなりました。

すぐ入り口のとこにゴミが詰まっていたみたいですね。

エアコン修理のホームページとか見てたけど結構お金とられるみたいだから
簡単だし一度やってみたら良いかもしれません。

iQosお掃除失敗

先日iQosホルダーをいつものように掃除しようと
専用のブラシでゴシゴシでっかいカスを落として、仕上げに付属の棒で
ガシガシやっていると

ペキッ!!!!!!

あっ・・・

IMG_4328

 

やっちゃいました^^;;;;;;;;;;;;;

折れる折れるとは聞いていたがまさかこんな簡単に折れてしまうとは。

近場で売っているところもないし品薄だし

どーするんだコレ・・・・・

自分で壊しちゃったし・・・・・・・・

と思って調べて見たところ
なんと

1回だけなら無償交換対応してくれるらしい

フィリップモリス神じゃん・・・・・

翌日サポートセンターに電話
ホルダーのシリアルを伝えると

翌日届いていました。

早い・・・

そして、新しいホルダーで吸う一本目はうまい・・・・
なんて言うか煙の質が違うね・・・

IMG_4337

加熱プレートがすごくきれい・・・

こんなんだったんだな・・・・・

何よりiQos使えなくて困ったのは
車の中と部屋の中ですねー、普通のタバコは臭いが残るし
灰は落ちるわでだめですねえ。

おいしかったけどね・・

TeslaCrypt開発者が復号マスターキー公開

ちょっと前はやった
ファイルを勝手に暗号化して使えなくしちゃう

.vvvファイルとかの身代金要求型のランサムウェアですね。

 

お客さんのなかでもありました。
そのときはいつか複合ツールが出来る可能性があるのでと言う事で

暗号化されてしまったファイルは別途外付けHDDに保存かけておいてもらったんですが

やっとこの日が来たんですね。

TeslaCrypt系列ならこれで復号化出来ます。

ESET社で複合ツール配布してましたのでリンクを張っておきます。

ランサムウェア「TeslaCrypt」で暗号化されたファイルを復号するツールを公開
復号化ソフト直リンク
http://download.eset.com/special/ESETTeslaCryptDecryptor.exe

それより今は.locky を何とかして欲しいですね。

マカフィーって糞過ぎやん

先日、お客さんからPCのメールがおかしいと連絡があり、PCを預かった。

どれどれ・・

なるほど受信メールがすべて空白になっている。
内容も空白、送信者も空白。
Livemailって本文空白メールになっちゃうバグ的な事って良くあるけど。

この場合は全部のメールがそうなっちゃってるから明らかにおかしかった。

 

修復してみるも駄目、再インストールするも駄目。

しかしながらiPhoneではきちんと表示されるそう。

PCのシステムチェック ”sfc /scannow” とかしてみる駄目。

そのPCにはマカフィーの有料版が入っていた。

糞重いし、ウイルス検出力とかも大丈夫か?って感じで
正直マカフィーとか三流セキュリティソフトのイメージがあった。

こういう事例は
たまにセキュリティーソフトが影響している事がある。

試しに ”マカフィー livemail メール空白” とかで検索してみたら

>Windows LiveメールやOutlook等のメールソフトで受信したメールの件名や差出人、内容が空白になる事象について

 

やっぱマカフィーじゃねぇか!!

削除してからメールを受信し直すと、何事も無かったように表示されましたとさ。

マカフィー入れとくとおかしくなっちゃうかもしれないので代わりに ESET入れておいたとさ。

なんかわりかしマカフィー使ってる人多いけど、こんなのFlashPlayerとかのインストール時ついてくるやつから契約しちゃってる人多いのかな。

マカフィー、ウイルスセキュリティZERO、キングソフトアンチウイルス、MSE
この辺ウンコ。

無料とか、更新無料とか、変に安いのはホント駄目だね。